九星気学 一白水星

2021年3月 一白水星の運勢と吉方位【九星気学】

九星気学において、2021年3月は2021年3月5日から2021年4月3日までの約1ヶ月間です。

 

一白水星を本命星に持つ人の生まれ年は

1936年(昭和11年)

1945年(昭和20年)

1954年(昭和29年)

1963年(昭和38年)

1972年(昭和47年)

1981年(昭和56年)

1990年(平成2年)

1999年(平成11年)

2008年(平成20年)

2017年(平成29年)

ですが、その年の1月1日〜立春前(2月3日頃)に生まれた方は二黒土星となります。

2021年3月 二黒土星の運勢と吉方位【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

 

2021年3月 一白水星の運勢

全体運

3月は小さな喜びごとがありそう。

全般的に穏やかに過ごせます。

4月から調子が良くなりますので3月はエンジンをあっためておくと良いでしょう。

ガーデニングや観葉植物を育ててみるのも良い。

 

 

金運

3月は下準備の月。

先々のために貯蓄に力を入れると良いでしょう。

衝動買いの欲求をグッと押さえて。

 

 

恋愛運

恋人募集中の人は、年上の女性や先輩からの誘いがあれば参加してみると良い出会いがありそう。

パートナーがいる人は仲良く過ごせるでしょう。

 

 

仕事運

計画立てて行動をすると良い。

判断に迷うことがあった場合は一人で抱え込まず早めに相談したりヘルプをお願いしましょう。

 

 

健康運

胃腸の不調に気をつけてください。

季節の変わり目で体調が不安定になりがちですので、休息はしっかりと。

 

 

 

2021年3月 一白水星の吉方位

下の方位盤は、2021年(令和3年)年の方位盤と2021年3月の方位盤です。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

 

 

吉方位

年盤の吉方位は東。

月盤の吉方位はなし。

東は年盤で吉方位ですが、月盤では「殺気」という凶方位ですので、吉方位としては使えません。

よって2021年3月は、200km以上の宿泊を伴う旅行におすすめの方位はありません。

 

 

祐気取りと方位取り

年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますが、わざわざ祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)をするのであれば、月盤・年盤ともに吉方位となる時期を選ぶと良いでしょう。

特に、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

占いに関する情報をできる限りわかりやすくお届けしています。 また、イラストも描いています。 まだ始めたばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

-九星気学, 一白水星

© 2021 ameno