九星気学 二黒土星(2022年) 2022年 運勢

2022年2月 二黒土星の運勢と方位【九星気学】

九星気学において、2022年2月は2022年2月4日から2022年2月3日までの約1ヶ月間です。

 

二黒土星を本命星に持つ人の生まれ年は

1935年(昭和10年)

1944年(昭和19年)

1953年(昭和28年)

1962年(昭和37年)

1971年(昭和46年)

1980年(昭和55年)

1989年(昭和64年/平成元年)

1998年(平成10年)

2007年(平成19年)

2016年(平成28年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は三碧木星となります。

2022年2月 三碧木星の運勢【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2022年2月 二黒土星の運勢

全体運

2月は運気エネルギーは高いものの、実は吉凶混合で良いことも悪いことも起こるでしょう。また、良いことと悪いことの振れ幅が大きく戸惑うこともあるかもしれません。そのため、ポジティブでワクワクする新しい扉が開かれる一方で、それを阻むような出来事やあるいは気にかかることなどがあるでしょう。しかし、混沌とした時期は長くは続きません。嵐が過ぎ去れば視界はクリアになり進む道が見えていきます。

 

金運

中宮に入ると勘が冴え、直感の判断がよく利くようになります。自然と金銭管理もしっかりできますのでお金に関して過度に不安になる必要はありません。なお、信用取引には注意した方が良さそう。できるだけリスクは分散させて、貯蓄と投資のバランスを取るようにしましょう。

 

恋愛運

頑張っている人、権威がある人、あるいは生活が充実していて楽しく人生を過ごしている人という風に、自分に学びを与えてくれる人や、自分にはない魅力を持っている人に惹かれていきます。気になる人がいたら食事などに誘ってみるのも良いでしょう。お互いを高め合える素敵な関係に発展する可能性があります。パートナーがいる人は、些細なことがきっかけて険悪なムードになってしまうかもしれません。

 

仕事運

自分の進む道に関して考える時期になりそうです。それは理想を実現させるための必要なプロセスです。自分がやりたいことは?本当にこの道でいいの?など自問自答し、考えることになるでしょう。意識が自分に向いていることは新たな時代を生き抜くのにとても大切なこと。何かろ取り纏め役になったりリーダーシップを発揮しなければいけない場面も多く忙しくはありますが、じっくり考える時間を作ると良いでしょう。

 

健康運

ここのところ走り続けてしまった分、お疲れモード。特に精神面での疲労が目立ちます。ストレスが溜まっていますので、うまく息抜きを。真面目で頑張り屋さんの二黒土星は逃げ道や捌け口を作るのが苦手な一面がありますので、意識的に行き詰まらないような工夫が必要です。

 

 

2022年2月 二黒土星の吉方位

下の方位盤は、2022(令和4)年の方位盤と2022年2月の方位盤です。赤字で書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ、祐気取り方位取りにおすすめできる方位です。

 

吉方位

年盤の吉方位は西、南、北西。

月盤の吉方位は東、南、北。

西は年盤で吉方位ですが、月盤では「殺気」の凶方位となるので、吉方位として使えません。

北西は年盤で吉方位ですが、月盤では「殺気」の凶方位となるので、吉方位として使えません。

東は月盤で吉方位ですが、年盤では「殺気」の凶方位となりますので、吉方位としては使えません。

北は月盤で吉方位ですが、年盤では「死気」の凶方位となりますので、吉方位としては使えません。

よって2022年2月は、南が200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめ。

地域の美味しい食べ物を食べたり、温泉に入ったり、旅行先でパワーをもらうと良いでしょう!

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学を軸に運勢や開運情報をお届け。 某占い会社で鑑定師のお仕事もしています。 個人活動では九星気学、数霊術、姓名判断などを組み合わせた占いでご相談にも乗っています。 あなたの幸せの道標となりますように。

-九星気学, 二黒土星(2022年), 2022年 運勢

© 2022 あめのの占いサイト