九星気学 四緑木星

2021年5月 四緑木星の運勢と吉方位【九星気学】

九星気学において、2021年5月は2021年5月5日から2021年6月4日までの約1ヶ月間です。

 

四緑木星を本命星に持つ人の生まれ年は

1933年(昭和8年)

1942年(昭和17年)

1951年(昭和26年)

1960年(昭和35年)

1969年(昭和44年)

1978年(昭和53年)

1987年(昭和62年)

1996年(平成8年)

2005年(平成17年)

2014年(平成26年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は五黄土星となります。

2021年4月 五黄土星の運勢と吉方位【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

 

2021年5月 四緑木星の運勢

全体運

なんとなくすっきりしない5月。

人間関係でのトラブル、コミュニケーション不足などに注意しましょう。

趣味や楽しみ事が唯一のストレス発散になります。

 

 

金運

金運は蓄財運に期待できますが、どちらかというとヘソクリや小銭貯金などの密かな楽しみが増える機運です。

また、賭け事にハマってしまうと、運気はダウンします。

 

 

恋愛運

恋人募集中の人は、趣味や仕事を通じた出会いに縁があります。

パートナーがいる人は、浮気や不倫など異性トラブルに注意。

 

 

仕事運

コミュニケーションスキルが買われ、良い評判が立つでしょう。

スムーズな取引のためには上手な根回しが必要な場面もあります。

食事会などで楽しく会話をすることによって、後々、嬉しい依頼がやってくる可能性がありますので、人間関係の構築に努めましょう。

 

 

健康運

健康運はやや低迷気味。体力気力ともにお疲れモードです。

疲れが溜まると、歯が痛み出したり歯茎の炎症が気になる人は、我慢せず早めに歯科に行くようにしてください。

また、免疫系のトラブルにも注意が必要です。

 

 

 

2021年5月 四緑木星の吉方位

下の方位盤は、2021年(令和3年)年の方位盤と2021年5月の方位盤です。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

 

吉方位

年盤の吉方位は北東。

月盤の吉方位は南東。

北東は年盤で吉方位ですが、月盤では「五黄殺」「死気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南東は月盤で吉方位ですが、年盤では「五黄殺」「死気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

2021年5月は、200km以上の宿泊を伴う旅行におすすめの方位はありません。

なお、日帰りで200km以内であれば、月盤のみ吉方位である南東へ行っても、年盤の凶方位の影響を受けることはそこまでありませんので、どうしてもいく用事があるならアリ。ただし、その土地の産物や飲料水の摂取はおすすめしません。用事を済ませてさっと帰る気持ちで。

 

 

祐気取りと方位取り

年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますが、わざわざ祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)をするのであれば、月盤・年盤ともに吉方位となる時期を選ぶと良いでしょう。

特に、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

占いに関する情報をできる限りわかりやすくお届けしています。 また、イラストも描いています。 まだ始めたばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

-九星気学, 四緑木星

© 2021 ameno