開運TIPS

土用期間の過ごし方

夏になると「土用の丑の日」という言葉をニュースなどで見聞きしたことがあるかと思いますが、「土用」ってなんでしょう?

ちなみに筆者は、小学生の頃「土曜の丑の日」と脳内変換し、うなぎを食べる土曜日だと思ってました。笑

 

 

ameno
土用の丑の日は暑気払いにうなぎを食べる人も多いよね!でも土用ってなんなのかしら?

 

 

 

土用ってなに?

「土用」というのは、季節の変わり目の期間を指しています。春・夏・秋・冬にそれぞれ「土用」があり、各期間は18日間です。いきなりある日、ある時間を境に、春から夏へ、夏から秋へと季節が変わることはありません。暑さと寒さ、晴れと雨、その他強い風が吹いたり、雷が鳴ったりしながら季節は変わってゆくのです。

 

春土用・・・4月17日ごろ〜5月4日ごろまで(立夏の前18日間)

夏土用・・・7月20日ごろ〜8月6日ごろまで(立秋の前18日間)

秋土用・・・10月20日ごろ〜11月6日ごろまで(立冬の前18日間)

冬土用・・・1月17日ごろ〜2月2日ごろまで(立春の前18日間)

 

 

 

季節と五行

木・火・土・金・水の五行において、土用は「土の性質」を持つとされています。「土の性質」が示す象意は「破壊と再生」で、この期間を経て季節が一つ進むのです。また、古くから土用に土を触ることは大凶であるとされてきました。

ちなみに、四季には以下の五行があてられています。

 

春・・・木の性質

夏・・・火の性質

秋・・・金の性質

冬・・・水の性質

 

 

 

土用の作用

よく「季節の変わり目だから体調には気をつけましょう。」なんて耳にしますよね。それはまさに土用のことを指しており、土用は要注意の期間になります。

九星気学においても五黄土星の影響を強く受ける期間であるため、物事が混じり合いながら「破壊と再生」する期間となります。また、特に注意したい作用があります。

ここに注意

  • 事故
  • 怪我
  • 体調を崩す
  • 気分の落ち込み
  • トラブル

 

特に体調面においては土用ごとに気をつけたいポイントが異なります。

 

春土用

春が持つ木の性質は、咽頭やアレルギーに注意が必要。元々、喉や鼻が弱い人は特に体調を崩しやすい期間になります。

 

夏土用

夏が持つ火気は循環器や血管に注意。屋内外関わらず暑さにより、体に多くの負担がかかりますので、夏バテに注意の期間です。

 

秋土用

秋が持つ金気は、気管、肺、アレルギーなどに注意をした方がいい期間となります。

 

冬土用

冬が持つ水気は、ウィルスや細菌による感染症、膀胱、腎臓に注意。寒さのため身体活動も少なくなりがちですので、血行を良くして冷え対策を。

 

 

 

土用殺

九星気学上、春・夏・秋・冬の各土用には「土用殺」という月盤にのみ作用する凶方位があり、各土用で方位が決まっています。

  • 春土用・・・南東
  • 夏土用・・・南西
  • 秋土用・・・北西
  • 冬土用・・・北東

土用殺の方位に出かけると、月の満ち欠けや気の流れに敏感な方は凶作用を受ける場合がありますので、例え吉方位であったとしても、土用期間は土用殺方位への祐気取り(旅行)、方位取り(引越し)は避けておいた方が良いでしょう

特に、春土用はG.W.、夏土用はお子様がいる方は夏休みと被っていますので、旅行やお出かけの計画の参考にしてくださいね。

【2021年の土用殺】

冬土用・・・1月17日~2月2日の東北

春土用・・・4月17日~5月5日の東南

夏土用・・・7月19日~8月7日の南西

秋土用・・・10月20日~11月7日の北西

 

 

 

土用の過ごし方

土を触らない

庭土を掘り起こして植木を植えたり、庭の草むしりは避けましょう。気学においては、家の地鎮祭・基礎工事の開始もNG。

 

祐気取り・方位取りを避ける

旅行に行くことはOKですが、祐気取りを期待して出かけても効果が弱まります。土用殺方位にも注意してください。

 

大事な契約をしない

新居の契約や増改築、開店、開業、結納、婚礼、引越しなどは避ける方が良いとされています。

 

ただし、土用期間中であっても、どうしてもしなければならないという日は、間日(まび)と呼ばれる日にするようにします。「間日」は、それぞれの土用で決まっています。日の干支は干支掲載カレンダーでご確認くださいね。

春の土用・・・「巳」「午」「酉」の日

夏の土用・・・「卯」「辰」「申」の日

秋の土用・・・「未」「酉」「亥」の日

冬の土用・・・「寅」「卯」「巳」の日

 

家の掃除・整理整頓をする

家の掃除や整理整頓、次の季節に向けて断捨離などをおこなうと良いでしょう。五黄土星の影響により、物事が混じり合う期間であるからこそ、断捨離や整理整頓は吉となります。

 

心身を整える

カフェインやアルコールなど刺激の強いものを避け、新鮮な野菜や果物、きれいなお水をたくさん摂取したり、プチ断食なども良いでしょう。また、半身浴、サウナ、瞑想、ヒーリング、マッサージなどで心身をリフレッシュするのにも適した期間です。健康診断も良いです。

 

物の定期点検をする

自転車のタイヤやチェーンの点検、バイク、車のバッテリーやオイル、タイヤの空気圧のチェック、スマホのバッテリー、テーブルやイスのガタ付きなど普段使用している物の定期点検も吉です。

 

 

 

決して土用に良くないことが起きるというわけではありませんがニュートラルな期間になりますので、土用期間を上手に活用していただければと思います。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

占いに関する情報をできる限りわかりやすくお届けしています。 また、イラストも描いています。 まだ始めたばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

-開運TIPS

© 2021 ameno