九星気学 八白土星

2021年8月 八白土星の運勢【九星気学】

九星気学において、2021年8月は2021年8月7日から2021年9月6日までの約1ヶ月間です。

 

八白土星を本命星に持つ人の生まれ年は

1929年(昭和4年)

1938年(昭和13年)

1947年(昭和22年)

1956年(昭和31年)

1965年(昭和40年)

1974年(昭和49年)

1983年(昭和58年)

1992年(平成4年)

2001年(平成13年)

2010年(平成22年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は九紫火星となります。

2021年7月 九紫火星の運勢【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2021年8月 八白土星の運勢

全体運

運勢の強い期間です。気学では八方塞がりの月とも言われおり、良いこと悪いことの両面が強く現れる月です。そのため、順調だけれど忙しくて体調を崩してしまったり、良かれと思ったことが裏目に出たりと少し注意が必要です。また、物事の選択と決断をしなければいけないような出来事が起こる機運です。冷静に判断をするようにしましょう。なお、会社や組織、チームなどの中でトップに立つ運気の強さがあります。

 

金運

金運はまぁまぁ。家族間でお金の出入りがあります。また、旅行やお出かけなどでの出費が多くなりますので9月上旬頃にかけてお財布が寂しくなりそうです。なお、仕事に対して真面目で頑張り屋さんの八白土星は、スキルアップや仕事に関する自己投資などを積極的におこなうと良いでしょう。無理のない範囲で良いので必ず貯金をしておきましょう。

 

恋愛運

 

恋愛運は普通。良縁と悪縁の両方を引き寄せてしまう可能性があります。そのため、たとえ良い人に出会ったとしても、ゆっくり時間をかけて見極めるようにしてください。見極めポイントとして、自分への接し方だけでなく、お店の人への態度、ふとした時の言動、記念日の過ごし方、お金の使い方などが挙げられます。なお、直感が冴えている時期でもありますので、小さな違和感を大切にし、反対に小さな喜びも大切にしてください。パートナーがいる人は、頑固さが原因の喧嘩に注意です。とことん話し合って白黒はっきりさせようとするのはNG、お互いの逃げ道を作ってくださいね。

 

仕事運

会社や組織の中でリーダーシップをとる機運です。何かのプロジェクトに抜擢される可能性もあります。遂行力が仕事運アップの鍵となりますので、決めたことは最後までやり遂げていくようにしましょう。また、独立・転職は入念な計画を。焦ってしまうと凶運を掴んでしまいますので、じっくり組み立てていくようにしてください。

 

健康運

健康運は気をつけて。日頃不摂生をしている人は凶運となり、病気に注意が必要です。また、自律神経系トラブル、心労、、過労、鬱などが生じやすい機運です。おかしい時は早めに医療機関に受診しつつ、生活習慣の見直しもおこなうと良いでしょう。

 

 

2021年8月 八白土星の方位

下の方位盤は、2021年(令和3年)年の方位盤と2021年8月の方位盤です。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

方位

年盤の吉方位は北、北東。

月盤の吉方位は東、南東、北西。

北は年盤で吉方位ですが、月盤では「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北東は年盤で吉方位ですが、月盤では「暗剣殺」「月破」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

東は月盤で吉方位ですが、年盤では「本命的殺」「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南東は月盤で吉方位ですが、年盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北西は月盤で吉方位ですが、年盤では「暗剣殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2021年8月は、200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめできる方位はありません。

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学をベースに占いをしています。 将来、恋愛、仕事、家族など悩み事があれば遠慮なくお問い合わせください。 あなたの幸せの道標となれたらと思っています。

-九星気学, 八白土星

© 2021 ameno