九星気学 九紫火星

2021年7月 九紫火星の運勢【九星気学】

九星気学において、2021年7月は2021年7月7日から2021年8月6日までの約1ヶ月間です。

 

九紫火星を本命星に持つ人の生まれ年は

1928年(昭和3年)

1937年(昭和12年)

1946年(昭和21年)

1955年(昭和30年)

1964年(昭和39年)

1973年(昭和48年)

1982年(昭和57年)

1991年(平成3年)

2000年(平成12年)

2009年(平成21年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は一白水星となります。

2021年4月 一白水星の運勢と吉方位【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2021年7月 九紫火星の運勢

全体運

今年一番の運勢が強い期間に突入しました。これまでコツコツと行動してきた人にとっては成功を掴む機運となりますが、強い=良いとはならない場合もあり、凶運の人は事業が上手くいかなかったり、誤解によって対人関係に距離ができてしまったり、病気や怪我などが起こりやすい月でもあります。また、波乱を含む月でもありますので、雲行きが怪しい時には周りの状況を良く見て、冷静に判断するようにしてください。

 

金運

金運は並といったところです。棚ぼた的なことは期待せず、堅実にコツコツと溜めていくと良いでしょう。出費が多くなりがちですので、本当に必要なものなのかよく吟味するようにしてください。

 

恋愛運

恋愛運は可もなく不可もなく。恋人募集中の人は出会いもありますが、良縁と悪縁を両方引き寄せる機運ですので、本当に信用できる相手なのかじっくり時間をかけて見極めるようにしてください。甘い言葉にはくれぐれも注意です。なお、縁談は良縁であればスルスルと物事が進んでいきます。もし、なんとなく違和感があったり、誰かに反対されたり、気にかかることがある場合は要注意。小さなサインを見逃すと後々大きなトラブルとなって現れてきます。パートナーがいる人は、自分本位の喧嘩やトラブルに気をつけてください。

 

仕事運

リーダーシップ、トップに立つ機運ですので、出世、成約、商売繁盛などに期待ができます。また、会社や組織の中では、部下や新人に教えることで仕事運がさらにアップします。独立・転職などは事前準備が整っていれば自ずとゴーサインが出ますのでその流れに従うと良いでしょう。もし、準備はこれからという場合は、今年いっぱいは準備期間にしても良いと思われます。

 

健康運

持病がある方や日頃不摂生をしている人はやや注意が必要な月となるでしょう。分岐の月でもありますので、病気が回復することもあれば、持病の再発で辛い思いをするなどの事象が出てやすくなります。また、心身のバランスが重要となり、バランスが乱れるとメンタル不調などが生じます。病気は主に心肺機能、分泌系、ストレス性疾患、鬱病などに注意が必要です。

 

 

2021年7月 九紫火星の吉方位

下の方位盤は、2021年(令和3年)年の方位盤と2021年7月の方位盤です。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

方位

年盤の吉方位は東、西、北。

月盤の吉方位は西、南東。

東は年盤で吉方位ですが、月盤では「死気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北は年盤で吉方位ですが、月盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南東は月盤で吉方位ですが、年盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2021年7月は、西が200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめ。

地域の美味しい食べ物を食べたり、温泉に入ったり、旅行先でパワーをもらうと良いでしょう!

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

占いに関する情報をできる限りわかりやすくお届けしています。 また、イラストも描いています。 まだ始めたばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

-九星気学, 九紫火星

© 2021 ameno