九星気学 八白土星

2021年7月 八白土星の運勢【九星気学】

九星気学において、2021年7月は2021年7月7日から2021年8月6日までの約1ヶ月間です。

 

八白土星を本命星に持つ人の生まれ年は

1929年(昭和4年)

1938年(昭和13年)

1947年(昭和22年)

1956年(昭和31年)

1965年(昭和40年)

1974年(昭和49年)

1983年(昭和58年)

1992年(平成4年)

2001年(平成13年)

2010年(平成22年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は九紫火星となります。

2021年4月 九紫火星の運勢と吉方位【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2021年7月 八白土星の運勢

全体運

6月に引き続き7月も好調です。何事も順調でスルスルと物事が進むことが多いでしょう。植物に例えるなら、芽が出て、成長し、花が咲きだした頃となり、順風満帆、心願成就の機運となります。ただし、順調だからといって万能感に陥ってしまうと変な噂が立ったり、思わぬトラブルの種を撒いてしまうことになります。謙虚さと感謝の気持ちを忘れずに過ごしましょう。また、7月は疎遠になっていた人から知らせが届いたり、音信不通だった人から連絡がきたりすることがあります。

 

金運

金運は良好です。臨時収入などにも期待ができますので、貯めると使うのバランスを考えながら、上手にお金をまわすようにしてください。なお、社交的なこと、人へのプレゼントなどにお金を使うと大きなリターンとなって返ってくるでしょう。また、新しいチャレンジのために投資するのも大変良いです。

 

恋愛運

 

恋愛運は良いでしょう。縁談が整い、結婚に向けて物事が進む機運です。また、恋人募集中の人も運命の出会いがある可能性がありますので、出会いの場には積極的に参加してみて。同窓会がご縁を繋がる可能性もあります。パートナーがいる人は、相手に嘘をついたり、逆に嘘をつかれたりということに注意してください。

 

仕事運

信頼・信用が鍵となる月。信頼関係を構築することによって取引、営業、商売が整うでしょう。会社勤めの人は成果が認められ、昇進、昇給に期待できます。また、このままで良いと止まらず、さらなる飛躍を志していくと運勢が味方してくれます。独立・転職も良い機運です。

 

健康運

ここのところ不調だった人は回復に向かう機運です。ただし自己判断は禁物。必ず医療機関を受診するようにしてくださいね。また、日々の体調メンテナンスは欠かさずにしましょう。特に咽頭、呼吸器系には気をつけるようにしてください。

 

2021年7月 八白土星の方位

下の方位盤は、2021年(令和3年)年の方位盤と2021年7月の方位盤です。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

方位

年盤の吉方位は北、北東。

月盤の吉方位は東、西、南西。

北は年盤で吉方位ですが、月盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北東は年盤で吉方位ですが、月盤では「殺気」「月破」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

東は月盤で吉方位ですが、年盤では「本命的殺」「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

西は月盤で吉方位ですが、年盤では「本命殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南西は月盤で吉方位ですが、年盤では「殺気」「歳破」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2021年7月は、200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめできる方位はありません。

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

占いに関する情報をできる限りわかりやすくお届けしています。 また、イラストも描いています。 まだ始めたばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

-九星気学, 八白土星

© 2021 ameno