九星気学 七赤金星

2021年7月 七赤金星の運勢【九星気学】

九星気学において、2021年7月は2021年7月7日から2021年8月6日までの約1ヶ月間です。

 

七赤金星を本命星に持つ人の生まれ年は

1930年(昭和5年)

1939年(昭和14年)

1948年(昭和23年)

1957年(昭和32年)

1966年(昭和41年)

1975年(昭和50年)

1984年(昭和59年)

1993年(平成5年)

2002年(平成14年)

2011年(平成23年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は八白土星となります。

2021年7月 八白土星の運勢【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2021年7月 七赤金星の運勢

全体運

今年一番の好運期に突入しました。気持ちも晴れやかで積極的に行動することができます。気持ちが整っていると全ての事柄も進展しやすく良いことは良い方向に、手放したかったことは縁切りができる機運です。これまでコツコツと努力してきた吉運の人は特に願望が成就し、喜ばしい出来事があるでしょう。一方、利己的な行いをしてきた凶運の人は、これまでの行いが周りに知られることとなり、信用を失うことになります。

 

金運

金運は良好。自分で商売をやっている人は、売上アップに期待できます。また新しい顧客も増え、商売繁盛の兆しが見えてくるでしょう。会社勤めの人は、昇給・ボーナスなどに期待できます。もし、出費が増えたとしても、いやいやお金を出してはいけません。出ていくお金に感謝し、たくさん増えて戻っておいでと心の中で唱えるようにお金を払うと、金運の神様が味方してくれることでしょう。

 

恋愛運

恋人募集中の人は、実年齢に囚われず、ポジティブさが幸運の鍵となります。どうせ自分なんか。。と自己否定的になってしまうとせっかくのチャンスを掴むことができません。良い意味で子供らしい天真爛漫さを持つことで良い出会いを引き寄せることができます。運気としては好調ですので、この機運をうまく利用しましょう。結婚を考えている人は縁談話が進むでしょう。

 

仕事運

仕事運好調。希望が叶い、飛躍・躍進のチャンス。迷いは不要です。即断即決、行動あるのみの精神で過ごしてください。ただ、物事が動き出す機運ではあるものの、芽が出始めた不安定な状態でもあります。今後実を結ぶかどうかはこれからの行動次第でしょう。

 

健康運

心身ともに調子が良いでしょう。ただし、良い時ほど無理をしがちですので、気がついたら入院直前だったというようなことも起こりやすいので気をつけてください。胃腸トラブル、消化器系トラブルに注意が必要です。

 

 

2021年7月 七赤金星の方位

下の方位盤は、2021年(令和3年)年の方位盤と2021年7月の方位盤です。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

 

 

方位

年盤の吉方位は西、北。

月盤の吉方位は南西、北西、南東。

西は年盤で吉方位ですが、月盤では「本命的殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北は年盤で吉方位ですが、月盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南西は月盤で吉方位ですが、年盤では「死気」「歳破」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北西は月盤で吉方位ですが、年盤では「暗剣殺」「本命殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南東は月盤で吉方位ですが、年盤では「五黄殺」「本命的殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2021年7月は、200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめできる方位はありません。

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学をベースに占いをしています。 将来、恋愛、仕事、家族など悩み事があれば遠慮なくお問い合わせください。 あなたの幸せの道標となれたらと思っています。

-九星気学, 七赤金星

© 2021 ameno