九星気学 七赤金星(2022年) 2022年 運勢

2022年3月 七赤金星の運勢【九星気学】

九星気学上の3月は2022年3月5日から2022年4月4日までの約1ヶ月間です。

ameno
九星気学で月のスタートは二十四節気を基準に考えられています。

 

まずは九星の確認から。七赤金星を本命星に持つ人の生まれ年は以下のとおり。

1930年(昭和5年)

1939年(昭和14年)

1948年(昭和23年)

1957年(昭和32年)

1966年(昭和41年)

1975年(昭和50年)

1984年(昭和59年)

1993年(平成5年)

2002年(平成14年)

2011年(平成23年)

ただし、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は八白土星となります。

あわせて読む
2022年3月 八白土星の運勢【九星気学】

続きを見る

生まれ年から本命星を知りたい方はこちら

あわせて読む
本命星と月命星の調べ方【九星気学】

続きを見る

 

 

2022年3月 七赤金星の運勢

全体運

好運期に入る第一歩。過去に蒔いた種が芽吹く支度を始めています。すぐ形になって現れてくることはありませんが、見えないところで変化し始めていますので、今まで取り組んで来たことがあれば諦めず続けていきましょう。昨年末ごろから沈んでいた運気もこれから5月にかけて少しずつ好転していきますよ。万が一のピンチのときにも必ず誰かがそっと手を差し伸べて助けてくれることでしょう。ただし、人に依存しすぎたり、頼りすぎないように気をつけて。

 

金運

何かと出費が多く貯蓄に回すことが難しいですが、大きな逆風が吹くこともありませんので、コツコツと節約を心がけると良いでしょう。一方で「生活の質」や「人生の質」に意識を向けることも忘れずに。自分の心が喜んだり、あるいは周りの人に喜んでもらおうとお金を使うと良いでしょう。また、株や不動産に関わる動きが出てくるかもしれません。

 

恋愛運

相手の一挙手一投足が気になり、気持ち的に振り回されることが増えそうです。ああしてほしい、こうしてほしいと要求やリクエストばかりでいると、相手の心が離れていってしまうことになりかねません。反対に、相手に嫌われまいと本当の自分を隠してしまうことが目立ってくることもありそうです。明るく魅力的な七赤金星らしさを損なわないよう自分も相手も同じだけ大切に。

 

仕事運

仕事はとても大変ですが、その中にも成長や学びを得ることが増え、良い意味でたのしくなってきそうです。反対にそう思うことができない仕事であれば、次のステージへ進む時期なのかも。転職や独立も悪くありませんので探してみるのも良いでしょう。なお、人の話を素直に聞くことで運が開かれていきます。

 

健康運

ストレスからくる心身の不調に気をつけるようにしましょう。アルコールやタバコなど嗜好品の摂りすぎ、人付き合いによる食べ過ぎなどに注意です。体のケアを怠らないように。食事、睡眠、運動はどれも大切な要素ですので、しっかりと自己管理を。

 

 

2022年3月 七赤金星の方位

下の方位盤は、2022(令和4)年の方位盤と2022年3月の方位盤です。赤字で書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ、祐気取り方位取りにおすすめできる方位です。

方位

年盤の吉方位は北、北東、北西。

月盤の吉方位は東、北西。

北は年盤で吉方位ですが、月盤では「暗剣殺」という凶方位ですので吉方位として使えません。

北東は年盤で吉方位ですが、月盤では「本命的殺」「死気」という凶方位ですので吉方位として使えません。

東は月盤で吉方位ですが、年盤では「本命的殺」「死気」という凶方位ですので吉方位として使えません。

よって2022年3月は、北西が200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめ!

地域の美味しい食べ物を食べたり、温泉に入ったり、旅行先でパワーをもらうと良いでしょう!

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

※旅行などのお出かけにつきましては、政府ならびに都道府県から発令される「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」などの最新情報をご確認ください。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学を軸に運勢や開運情報をお届け。 某占い会社で鑑定師のお仕事もしています。 個人活動では九星気学、数霊術、姓名判断などを組み合わせた占いでご相談にも乗っています。 あなたの幸せの道標となりますように。

-九星気学, 七赤金星(2022年), 2022年 運勢

© 2022 あめのの占いサイト