九星気学 七赤金星 新着記事

2021年9月 七赤金星の運勢【九星気学】

九星気学において、2021年9月は2021年9月7日から2021年10月7日までの約1ヶ月間です。

 

七赤金星を本命星に持つ人の生まれ年は

1930年(昭和5年)

1939年(昭和14年)

1948年(昭和23年)

1957年(昭和32年)

1966年(昭和41年)

1975年(昭和50年)

1984年(昭和59年)

1993年(平成5年)

2002年(平成14年)

2011年(平成23年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は八白土星となります。

2021年7月 八白土星の運勢【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2021年9月 七赤金星の運勢

全体運

中宮に回座する9月は、最も運勢が強い時期である反面、良いことと悪いことの両方が起こりやすい月でもあります。そのため、とても順調だったはずなのにいきなり足元をすくわれるようなことが起こったり、あるいは思わぬ怪我や病気、事故などによって一時的にお休みをしなければいけなくなったりというようなことが起こる機運となります。また、大きな決断をしなければいけないような出来事が起こる可能性がありますので、冷静に判断するようにしましょう。

 

金運

金運は並。収入も期待できますがそれなりに出費も嵩むでしょう。吉運の人は貯蓄が増えて安定しそうです。しかし凶運の人は、散財してしまい四苦八苦することになるでしょう。堅実性が金運アップの鍵となります。

 

恋愛運

中宮では好まざるとも波乱や変化へと流れていってしまいますので、寂しさから浮気や不倫へ走ってしまったり、危険な人を好きになってしまったりする可能性があります。また、恋に溺れてしまい、冷静な判断ができなくなることもありますので、客観的な視点を忘れないようにしましょう。周囲のアドバイスもよく聞くようにしてください。

 

仕事運

吉運の人はますます好調となりますが、凶運の人は事業が上手くいかなかったり、業績が悪化したりとトラブルに見舞われることがあります。しかし自分の利益だけを追いかけることなく、リーダーシップを発揮して組織やチームに貢献することで凶運を反転させる強さを持ち合わせていますので、運気の強さを味方につけ前向きに挑戦し続けることが大切です。また、悪い時期であっても必ず良い方向に向かっていくんだという希望を持つことが成功の鍵となります。

 

健康運

心配事、悩み事が増えることによるストレスや気分の落ち込みに注意が必要です。また、持病の再発や胃腸にも気をつけましょう。冷えは万病の元とも言われますので、体を冷やさないよう冷たい飲み物や体を冷やす食べ物は極力避けるようにしましょう。

 

 

2021年9月 七赤金星の方位

下の方位盤は、2021年(令和3年)年の方位盤と2021年9月の方位盤です。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

 

 

方位

年盤の吉方位は西、北。

月盤の吉方位は南、北東、南東、北西。

西は年盤で吉方位ですが、月盤では「暗剣殺」「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北は年盤で吉方位ですが、月盤では「死気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南は月盤で吉方位ですが、年盤では「定位対冲」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北東は月盤で吉方位ですが、年盤では「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南東は月盤で吉方位ですが、年盤では「五黄殺」「本命的殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北西は月盤で吉方位ですが、年盤では「暗剣殺」「本命殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2021年9月は、200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめできる方位はありません。

(年盤、月盤ともに吉方位が複数あるのにうまく被ってくれず少し残念ですが、来月以降に期待ですね!)

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

※旅行などのお出かけにつきましては、政府ならびに都道府県から発令される「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」などの最新情報をご確認ください。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学をベースに占いをしています。 将来、恋愛、仕事、家族など悩み事があれば遠慮なくお問い合わせください。 あなたの幸せの道標となれたらと思っています。

-九星気学, 七赤金星, 新着記事

© 2021 ameno