九星気学 2022年 運勢 二黒土星(2022年)

2022年1月 二黒土星の運勢【九星気学】

九星気学において、1月は2022年1月5日から2022年2月3日までの約1ヶ月間です。

 

二黒土星を本命星に持つ人の生まれ年は

1935年(昭和10年)

1944年(昭和19年)

1953年(昭和28年)

1962年(昭和37年)

1971年(昭和46年)

1980年(昭和55年)

1989年(昭和64年/平成元年)

1998年(平成10年)

2007年(平成19年)

2016年(平成28年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は三碧木星となります。

2022年1月 三碧木星の運勢【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2022年1月 二黒土星の運勢

全体運

1月の二黒土星は巽宮に回座しています。巽宮では物事が進展・発展していきますので、これまでの成果を感じられ、願っていたことが叶う人も多いでしょう。なお、巽宮では多くの情報が入ってきますが、良い情報も悪い情報も混在して入ってきます。そのため情報の取捨選択はしっかりと。周りの助言を聞き入れることが大切です。

 

金運

金運は好調。副収入、臨時収入などに期待できるでしょう。また、欲しかったものをタイミングよくプレゼントされたりと嬉しい出来事がある可能性もあります。なお、投資も良いでしょう。「安く買って高く売る」を徹底すると金運にも恵まれそうです。

 

恋愛運

巽宮に回座すると良縁に恵まれる可能性が高くなります。特に、知り合い、友人などの繋がりから縁が深まる可能性があります。フットワークは軽く積極的に進めていくと良いでしょう。結婚に向けて話が進んでいく人もいます。

 

仕事運

仕事運だけでなく対人運に恵まれる月ですので、成果が形に現れたり、仕事面で良い人間関係を築くことができるでしょう。一方で巽宮に回座しているときは信用が試されます。そのため、信用を欠く行為は決定的な出来事に繋がりますので気をつけてください。なお、独立や転職を考えている人はチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

健康運

健康運は並。心身ともに穏やかに過ごせるでしょう。しかし、巽宮では自律神経の不調が起きやすい機運ですので、疲れやストレスは溜め込まないように。無理をすると体調不良になりやすいので気をつけましょう。また、持病がある人はケアを怠らないように。

 

 

2022年1月 二黒土星の方位

下の方位盤は、年の方位盤と1月の方位盤です。年盤は1月まで2021年の方位盤になります。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

方位

年盤の吉方位は西、北東。

月盤の吉方位は北、南、北東。

西は年盤で吉方位ですが、月盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北は月盤で吉方位ですが、年盤では「本命殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南は月盤で吉方位ですが、年盤では「本命的殺」「定位対冲」「死気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2022年1月は、北東が200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめ。

地域の美味しい食べ物を食べたり、温泉に入ったり、旅行先でパワーをもらうと良いでしょう!

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学を軸に運勢や開運情報をお届け。 某占い会社で鑑定師のお仕事もしています。 個人活動では九星気学、数霊術、姓名判断などを組み合わせた占いでご相談にも乗っています。 あなたの幸せの道標となりますように。

-九星気学, 2022年 運勢, 二黒土星(2022年)

© 2022 あめのの占いサイト