九星気学 五黄土星

2021年6月 五黄土星の運勢と吉方位【九星気学】

九星気学において、2021年6月は2021年6月5日から2021年7月6日までの約1ヶ月間です。

 

五黄土星を本命星に持つ人の生まれ年は

1932年(昭和7年)

1941年(昭和16年)

1950年(昭和25年)

1959年(昭和34年)

1968年(昭和43年)

1977年(昭和52年)

1986年(昭和61年)

1995年(平成7年)

2004年(平成16年)

2013年(平成25年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は六白金星となります。

2021年6月 六白金星の運勢と吉方位【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2021年6月 五黄土星の運勢

全体運

 

良い話と悪い話、良い噂と悪い噂などと、良いことと悪いことが入り混じる月となります。

また、気分にムラが生じやすく、良い気分で過ごせたかと思えば、落ち込んだり気分がすぐれない日があったりと不安定な精神状態が続きます。

自然の中で過ごしたり、ゆったりとした時間を過ごすことで気分が安定し、運気が上昇するでしょう。

 

 

金運

金運はまぁまぁといったところ。勢い任せに高価な物を購入すると後々お財布が苦しくなりますので、くれぐれも注意してください。

ただし、本当に必要なものや将来のための投資ということあれば、良いお金の使い方となります。

 

 

恋愛運

恋人募集中の人は、出会いのチャンス到来。人を惹きつける魅力が増していますので、出会いが多数期待できそうです。

常におしゃれと身だしなみに気をつけるようにすると恋愛運がさらにアップします。

カップルの場合は、いつものデートではなく、非日常を味わえるデートがおすすめです。今流行のキャンプやグランピングなど自然の中で二人でゆったりと過ごしてみてはいかが?

 

 

仕事運

起業、独立、転職など新しい出会いと同時に離別の機運があります。以前から計画していた人は、行動に移すと良いでしょう。不安でいっぱいになるかもしれませんが、「案ずるより産むが易し」を胸にやってみると案外うまくいくものです。

 

 

健康運

健康運は吉ですが、頑張り屋さんの一面が裏目に出て無理をすると、怪我をしたり事故につながったりしますので注意が必要です。

また、6月はメンタル面が不安定になりやすいので気をつけて。辛い時は一人で抱え込まず、誰かに相談を。

 

 

 

2021年6月 五黄土星の吉方位

下の方位盤は、2021年(令和3年)年の方位盤と2021年6月の方位盤です。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

 

 

吉方位

年盤の吉方位は西、北、北東。

月盤の吉方位は東、南東、南西、北西。

西は年盤で吉方位ですが、月盤で「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北は年盤で吉方位ですが、月盤で「暗剣殺」「本命的殺」「月破」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北東は年盤で吉方位ですが、月盤で「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

東は月盤で吉方位ですが、年盤で「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南東は月盤で吉方位ですが、年盤で「五黄殺」「本命殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南西は月盤で吉方位ですが、年盤で「殺気」「歳破」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北西は月盤で吉方位ですが、年盤で「暗剣殺」「本命的殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2021年6月は、200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめできる方位はありません。

なお、日帰りで200km以内であれば、月盤のみ吉方位である東、南東、南西、北西へ行っても、年盤の凶方位の影響を受けることはそこまでありませんので、どうしてもいく用事があるならアリ。ただし、その土地の産物や飲料水の摂取はおすすめしません。用事を済ませてさっと帰る気持ちで。

 

 

祐気取りと方位取り

年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますが、わざわざ祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)をするのであれば、月盤・年盤ともに吉方位となる時期を選ぶと良いでしょう。

特に、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学をベースに占いをしています。 将来、恋愛、仕事、家族など悩み事があれば遠慮なくお問い合わせください。 あなたの幸せの道標となれたらと思っています。

-九星気学, 五黄土星

© 2021 ameno