九星気学 一白水星

2021年5月 一白水星の運勢と吉方位【九星気学】

九星気学において、2021年5月は2021年5月5日から2021年6月4日までの約1ヶ月間です。

 

一白水星を本命星に持つ人の生まれ年は

1936年(昭和11年)

1945年(昭和20年)

1954年(昭和29年)

1963年(昭和38年)

1972年(昭和47年)

1981年(昭和56年)

1990年(平成2年)

1999年(平成11年)

2008年(平成20年)

2017年(平成29年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は二黒土星となります。

2021年4月 二黒土星の運勢と吉方位【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

 

2021年5月 一白水星の運勢

全体運

4月に引き続き、5月も運気好調。

新しい情報を得たり、何かと声がかかって頼りにされたりと順風満帆な月になります。

時間の流れもあっという間に感じますので、流れに乗るように軽やかに過ごしましょう。

 

 

金運

5月は金運絶好調です。

ただ、お金があるからといって使いすぎないように。

計画立ててお金のやりくりをすることによってさらに金運がアップするでしょう。

 

 

恋愛運

恋愛運は安定しています。

未婚で恋人がいる人はプロポーズのチャンス。

恋人募集中の人はときめくような出会いのチャンスあり。同級生、地元の友達、昔の友達など古くからの知り合いや以前交流があった人との縁が深い月です。

パートナーがいる人はお互いの忙しさでなかなかコミュニケーションを取ることができない場合がありますが、短時間でも良いので会話することを心がけましょう。

 

 

仕事運

評判が評判を呼ぶ月。

各所で良い噂が立ち、評価が高まります。

良好な対人関係が運気アップの鍵となりますので、常に周りの人に対する感謝の気持ちを忘れず過ごしましょう。

何か不本意な出来事があった場合、その場は損してでも結果的に得を取る精神でいると良いでしょう。

 

 

健康運

心身ともに調和が取れる月ですが、普段から無理をしている人は持病の悪化などに注意です。

もしバランスを崩してしまうようなら休息のサイン。

疲れが気管支や喉に出やすい人は気をつけて。

 

 

2021年5月 一白水星の吉方位

下の方位盤は、2021年(令和3年)年の方位盤と2021年5月の方位盤です。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

 

吉方位

年盤の吉方位は東。

月盤の吉方位は西、北。

東は年盤で吉方位ですが、月盤では「死気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

西は月盤で吉方位ですが、年盤では「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北は月盤で吉方位ですが、年盤では「本命的殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2021年5月は、200km以上の宿泊を伴う旅行におすすめの方位はありません。

なお、日帰りで200km以内であれば、月盤のみ吉方位である西、北へ行っても、年盤の凶方位の影響を受けることはそこまでありませんので、どうしてもいく用事があるならアリ。ただし、その土地の産物や飲料水の摂取はおすすめしません。用事を済ませてさっと帰る気持ちで。

 

 

祐気取りと方位取り

年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますが、わざわざ祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)をするのであれば、月盤・年盤ともに吉方位となる時期を選ぶと良いでしょう。

特に、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

占いに関する情報をできる限りわかりやすくお届けしています。 また、イラストも描いています。 まだ始めたばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

-九星気学, 一白水星

© 2021 ameno