九星気学 六白金星(2022年) 2022年 運勢

2022年2月 六白金星の運勢【九星気学】

九星気学において、2月は2022年2月4日から2022年3月4日までの約1ヶ月間です。

 

六白金星を本命星に持つ人の生まれ年は

1931年(昭和6年)

1940年(昭和15年)

1949年(昭和24年)

1958年(昭和33年)

1967年(昭和42年)

1976年(昭和51年)

1985年(昭和60年)

1994年(平成6年)

2003年(平成15年)

2012年(平成24年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は七赤金星となります。

2022年2月 七赤金星の運勢【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2022年2月 六白金星の運勢

全体運

2月は、将来の理想像が明確になり、それに向かっていざ進もうという決意のとき。直感に冴えていますので、素敵なひらめきがあるでしょう。さらにインスピレーションを高めていきたい人は、自然、芸術、演劇、音楽など創造力を掻き立てられるものに触れて。一方で、本当はちょっぴり疲れてしまっているようです。あくせくしてしまっているなら無理せずゆっくりとした時間を過ごすことも大切にしましょう。

 

金運

物欲が高まりついつい衝動買いをしてしまいそう。特に2月は判断力が問われます。吉に作用すれば直感が冴え、良い判断ができるのですが、凶に作用してしまうと判断力は低下。くれぐれも冷静な判断を心がけて。もし臨時収入があったら、人が喜ぶような使い方をしましょう。そうすることであなた自身の運気がアップしますよ。

 

恋愛運

ロマンチックな愛情の作用を受けますので、異性から注目を浴びるでしょう。食事に行ったり、デートをしたりというような恋の始まりを予感させる出来事があるかもしれません。下着に至るまでいつもよりおしゃれを楽しんでみましょう。片思いの人は何かしらの進展にも期待できそうです。すでにパートナーがいる人は関係性に飽きがきてしまうかも。新鮮さを取り戻すようなデートを企画して。

 

仕事運

2月は離宮の作用を受け何事にも野心的に取り組める月。行動力もあり、なんでもやってのけてしまうパワフルさを秘めています。あなたが思っている以上にどんどん物事が進んでいくでしょう。周りのサポートにも恵まれそうです。書類や契約関連のトラブルには気をつけましょう。

 

健康運

フルパワーで活動している反動で疲労が蓄積しています。いつの間にか無理して頑張ってしまっているようですので、心身の休息はしっかり取りましょう。離宮では頭、血圧、血流に作用が出やすくなります。特に頭、血圧、血流関連で持病がある人は気をつけましょう。何かあれば速やかに医療機関を受診してくださいね。

 

2022年2月 六白金星の方位

下の方位盤は、2022(令和4)年の方位盤と2022年2月の方位盤です。赤字で書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ、祐気取り方位取りにおすすめできる方位です。

 

方位

年盤の吉方位は西、北、北東。

月盤の吉方位は南東。

西は年盤で吉方位ですが、月盤では「死気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北は年盤で吉方位ですが、月盤では「本命的殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北東は年盤で吉方位ですが、月盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南東は月盤で吉方位ですが、年盤では「本命的殺」「死気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって、2022年2月は200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめできる方位はありません。

(残念。。来月以降に期待したいですね!)

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学を軸に運勢や開運情報をお届け。 某占い会社で鑑定師のお仕事もしています。 個人活動では九星気学、数霊術、姓名判断などを組み合わせた占いでご相談にも乗っています。 あなたの幸せの道標となりますように。

-九星気学, 六白金星(2022年), 2022年 運勢

© 2022 あめのの占いサイト