七赤金星(2022年) 2022年 運勢

2022年 七赤金星の年間運勢と方位【九星気学】

九星気学において、2022年は2022年2月4日から2023年2月3日までの1年間です。

七赤金星を本命星に持つ人の生まれ年は

1930年(昭和5年)

1939年(昭和14年)

1948年(昭和23年)

1957年(昭和32年)

1966年(昭和41年)

1975年(昭和50年)

1984年(昭和59年)

1993年(平成5年)

2002年(平成14年)

2011年(平成23年)

ですが、2月の立春前に生まれた方は八白土星となります。

2022年 八白土星の年間運勢と方位【九星気学】

続きを見る

あわせて読む
2022年 引越しや旅行に避けたい凶方位【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、実際には2022年1月下旬ごろから影響を受け始めます。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2022年 七赤金星の運勢

2022年 七赤金星の9年間の運気バイオリズム(年)

九星気学では、八卦(ハッケ)をベースに「中」という概念をプラスしたバイオリズムが成り立っていて、2022年の七赤金星は、(兌の影響を受けることになります。

▽九星気学とバイオリズムについてはこちらの記事をご確認ください。

九星気学とバイオリズム【九星気学】

続きを見る

(ダ)は実り、収穫、そしてそれらを喜ぶ時期と言われており、まさに2022年の七赤金星は喜びに溢れる年となるでしょう。特に対人運に恵まれ、良い出会いや人脈が広がる可能性があります。方々でご縁に恵まれるでしょう。

 

2022年 七赤金星の運気バイオリズム(月)

七赤金星の2022年の月ごとの運勢ですが、5月まで月を追うごとに運気が上昇していきます。成果が認められる人も多く、転職や独立を考えている場合は良いチャンスに恵まれます。9月から10月までは衰運期ですので、守りを固めつつ、次のステップへの準備をすると良いでしょう。1年を通して多くの喜びを享受できる1年ですので大いに受け取られてください。ただし、人とのコミュニケーションでは言葉の使い方には気をつけましょう。契約毎は3月もしくは12月がおすすめ。

 

2022年 七赤金星のキーワード

2022年の七赤金星がチェックしておきたいラッキーキーワードは、「笑顔」「コミュニケーション」です。

  • 対人関係、人脈が広がる。
  • 願望成就・恋愛成就。

また、2022年の七赤金星がチェックしておきたい注意キーワードは、「口論」「中途半端」です。1年を通して下記のようなことをイメージさせる出来事や反省の機会があるでしょう。

  • 意見が合わない。
  • 感情的になる。
  • 積み上げてきたものを途中で投げ出す。

コミュニケーションを大切にしながら、開運の妨げとなる出来事をイチ早くキャッチし、2022年を実りあるものにしていってくださいね。

 

2022年 七赤金星の金運

2022年の七赤金星は金運は人との交流による交際費が増えそうです。交流では得るものも多く、結果として出費以上のリターンに期待できそうです。しかし無計画な出費や衝動買いに気をつけましょう。勿体無い思考が強くなると、何かと溜め込んでしまいますので、とにかく溜め込まないよう定期的に掃除をしたり、断捨離をすることで金運アップに期待できます。また、財布は常に中身を綺麗にしておきましょう。

 

2022年 七赤金星の恋愛運

2022年は明るくてハキハキしている七赤金星の持ち味が花開き、出会いも多く、異性からモテる1年になりそうです。将来のパートナーとなるような人との出会いの可能性もあるでしょう。また、結婚に向けて話が進んでいくこともありそうです。なお、すでにパートナーがいる人はパートナー以外の人にときめく可能性があります。

 

2022年 七赤金星の仕事運

2022年の七赤金星は人間関係の広がりから仕事運に恵まれていきます。業績向上、昇給、昇格、あるいは自分のやりたかったことが仕事につながっていくなど喜ばしい出来事が多くなるでしょう。その分、とても忙しくなりますのであっという間の1年になります。また、趣味や好きなことで副収入に繋がる可能性があるかもしれません。自分が楽しいと感じ、そして継続できそうなことから始めてみると良いでしょう。その活動がゆくゆくは収入へと繋がっていきます。

 

2022年 七赤金星の健康運

2022年の七赤金星は食生活を見直しをはかりましょう。食事会などに参加する機会が増えますので、必然的に飲食の量と回数が増えてしまいますので普段の節制を心がけるようにしてください。病気面では咽頭トラブルに注意が必要です。

 

 

2022年 七赤金星の吉方位

2022年の七赤金星は、北、北東、北西が吉方位となります。

 

各方位にはさまざまな効果があり、2022年は以下の吉方位で方位取りをすることによってそれぞれ効果が期待できます。

吉方位の効果

  • 北の方位で新しいチャンス子宝に恵まれる
  • 北東の方位で将来の安定家族が仲良く過ごせる
  • 北西の方位で仕事運アップ投資で利益を出す

なお、以下の方位は凶方位となりますので、旅行や引越しはしないよう気をつけてくださいね。

「西」(本命殺)

「東」(本命的殺、死気)

「南」(殺気)

「南東」(死気)

「南西」(歳破)

いかがでしたか?2022年も大きく飛躍できますように!

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学を軸に運勢や開運情報をお届け。 某占い会社で鑑定師のお仕事もしています。 個人活動では九星気学、数霊術、姓名判断などを組み合わせた占いでご相談にも乗っています。 あなたの幸せの道標となりますように。

-七赤金星(2022年), 2022年 運勢

© 2022 あめのの占いサイト