九星気学 2022年 運勢 七赤金星(2022年)

2022年1月 七赤金星の運勢【九星気学】

九星気学において、1月は2022年1月5日から2022年2月3日までの約1ヶ月間です。

 

七赤金星を本命星に持つ人の生まれ年は

1930年(昭和5年)

1939年(昭和14年)

1948年(昭和23年)

1957年(昭和32年)

1966年(昭和41年)

1975年(昭和50年)

1984年(昭和59年)

1993年(平成5年)

2002年(平成14年)

2011年(平成23年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は八白土星となります。

2022年1月 八白土星の運勢【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2022年1月 七赤金星の運勢

全体運

1月の七赤金星は離宮に回座しています。離宮に入ると慌ただしく落ち着きません。良くも悪くも周囲から注目されますので、良い行いを心がけてきた人は評判が上がりますが、同時に隠し事、秘密なども明るみに出やすくなります。また、人との精神的な繋がりを求め、自分自身も精神的な学びを深めたいと思うようになるでしょう。なお、物事の判断を誤る場合がありますので気をつけましょう。

 

金運

金運はあまり期待できなそう。離宮には判断を誤るという象意もありますので、投資は慎重に進めた方が良いでしょう。また、無駄使いや詐欺まがいの金銭トラブルにも注意です。イマイチ金運がないなと感じたら部屋の掃除をするのもオススメ。停滞している気を流し、整えることは何よりの開運行動になりますので金運アップに期待できるでしょう。

 

恋愛運

ロマンチックな出会いに期待できそうです。特に芸術、音楽、演劇などの場面で出会いがあるかもしれません。しかし、いざデートとなっても、その場限りで終わる場合も多いので気をつけましょう。なお、離宮に入ると「別離」の象意の作用を受けやすくなります。パートナーと別れてしまうことになる人も多いでしょう。

 

仕事運

仕事面で大きな決断を迫られる機運です。一人で判断、解決しようとせず信頼できる人に相談すると良いでしょう。また、これまでの努力が報われる人もいますが、不正やごまかしが明るみに出る可能性もあります。転職や独立は下調べからおこないましょう。4月、5月ごろを目処に動くと良さそうです。

 

健康運

イライラしたり、モヤモヤしたりが重なり精神面で疲れが出てきてしまいそうです。また、離宮に入ると循環器系、頭痛などの不調が出やすいと言われていますので体調管理はしっかりとおこないましょう。

 

 

2022年1月 七赤金星の方位

下の方位盤は、年の方位盤と1月の方位盤です。年盤は1月まで2021年の方位盤になります。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

方位

年盤の吉方位は西、北。

月盤の吉方位は南東、北東。

西は年盤で吉方位ですが、月盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北は年盤で吉方位ですが、月盤では「本命的殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南東は月盤で吉方位ですが、年盤では「五黄殺」「本命的殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北東は月盤で吉方位ですが、年盤では「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2022年1月は200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめできる方位はありません。

(残念。。来月以降に期待したいですね!)

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

※旅行などのお出かけにつきましては、政府ならびに都道府県から発令される「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」などの最新情報をご確認ください。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学を軸に運勢や開運情報をお届け。 某占い会社で鑑定師のお仕事もしています。 個人活動では九星気学、数霊術、姓名判断などを組み合わせた占いでご相談にも乗っています。 あなたの幸せの道標となりますように。

-九星気学, 2022年 運勢, 七赤金星(2022年)

© 2022 あめのの占いサイト