九星気学 六白金星(2022年) 2022年 運勢

2022年1月 六白金星の運勢【九星気学】

九星気学において、1月は2022年1月5日から2022年2月3日までの約1ヶ月間です。

 

六白金星を本命星に持つ人の生まれ年は

1931年(昭和6年)

1940年(昭和15年)

1949年(昭和24年)

1958年(昭和33年)

1967年(昭和42年)

1976年(昭和51年)

1985年(昭和60年)

1994年(平成6年)

2003年(平成15年)

2012年(平成24年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は七赤金星となります。

2022年1月 七赤金星の運勢【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2022年1月 六白金星の運勢

全体運

1月の六白金星は艮宮に回座しますので、家族関係で変化が起こる機運です。喜ばしい出来事、反対に心配事が起きてくる可能性があります。また、環境の変化、心境の変化などがある人もいるでしょう。小さな変化とは限らず大きく大胆に変化することもあります。吉運の人は安定して過ごせますが、凶運の人は逆運となり波乱含みの月となるでしょう。

 

金運

1月は艮宮に回座しますので相続問題が起こりやすい機運です。特に家族間で良いこともあれば反対に悪いこともあるでしょう。引っ越し、不動産関係は慎重になった方が良さそうです。金銭面では利己的になりがちなので気をつけて。さまざまな欲求が強まる機運ですので、欲に任せて衝動買いしてしまう人もいます。なるべく堅実にやりくりするようにしましょう。

 

恋愛運

1月は変化の月。出会ってすぐ恋に発展したり、反対に結婚を考えていた人と別れることになったりと思いも寄らない出来事が起こる可能性があります。また、仕事の繋がりからの出会いに期待できそうです。パートナーがいる人は家族ぐるみのお付き合いを大切にすると良いでしょう。特に結婚を考えているカップルはお互いの家族に挨拶に行く計画が進む可能性があります。

 

仕事運

艮宮は大きな変化を象徴し、状況や心境などが大きく変化しやすい月となるでしょう。気持ちや考え方が180度転換するような出来事が起こる人もいます。また、思いもよらない方面から新しい繋がりが生まれる可能性があります。運気エネルギー的には衰運ですので、行動は慎重し、転職、独立は計画を立ててからが良さそうです。

 

健康運

健康だと思っていてもどこかにガタがきて体調を崩す可能性がありますので、日々健康管理はしっかりとおこないましょう。特に、食事面では暴飲暴食に気をつけてください。環境に変化がある人はメンタルケアを怠らずに。精神的疲労が溜まりやすくなっています。冷え、腰痛、関節、神経系の不調になりやすい機運です。

 

 

2022年1月 六白金星の方位

下の方位盤は、年の方位盤と1月の方位盤です。年盤は1月まで2021年の方位盤になります。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

方位

年盤の吉方位は西、北。

月盤の吉方位は南、北、南東。

西は年盤で吉方位ですが、月盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南は月盤で吉方位ですが、年盤では「定位対冲」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南東は月盤で吉方位ですが、年盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2022年1月は、北が200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめ。

地域の美味しい食べ物を食べたり、温泉に入ったり、旅行先でパワーをもらうと良いでしょう!

 

祐気取りと方位取り

年盤と月盤の両方で「吉」とされる方位のみを吉方位としてご紹介しています。そのため、毎月吉方位があるとは限らず、心苦しいのですが、吉方位がない月も実は多いのです。しかし、裏を返せばそれだけ吉方位は貴重でパワーがあるものですので、もし、当サイトをご覧いただいて、吉方位がある月の場合は、無理のない範囲で都合をつけて、祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)することをおすすめしています。

また、年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますので、吉方位がないからといって普段のお出かけがNGというわけではありませんが、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学を軸に運勢や開運情報をお届け。 某占い会社で鑑定師のお仕事もしています。 個人活動では九星気学、数霊術、姓名判断などを組み合わせた占いでご相談にも乗っています。 あなたの幸せの道標となりますように。

-九星気学, 六白金星(2022年), 2022年 運勢

© 2022 あめのの占いサイト