タロット 大アルカナカード

THE HIGH PRIESTESS(女教皇)【タロットの意味】

タロットの絵柄の解釈とリーディングポイントを分かりやすく解説していきます。

今回は、2THE HIGH PRIESTESS(女教皇)のカードです。

それではいってみましょう!

 

 

 

ストーリー

引用:Wikipedia(File:RWS Tarot 02 High Priestess.jpg)

 

story

若い女性が青いローブを身に纏い、TORAH(律法書)を膝の上に抱え、神殿にある黒と白の柱の間に鎮座しています。ヤシの葉とザクロが描かれているベールの向こうには、青空と水面が見え隠れしています。

知的なクールさを感じさせるこの女性から、厳格な教えを守る姿勢が垣間見えますね

 

 

TORAH(トーラー)とは、ユダヤ教では律法のことを指し、ヘブライ語で「教え」という意味の言葉です。

 

 

 

ストーリーの解釈

このカードに与えられた「2」という数字は、万物の二元性を示しています。白と黒の柱に刻まれた「J」と「B」とは、ソロモンのカバラ寺院の象徴的な二つの柱の名前である「JAKIM(ヤキン)」と「BOAS(ボアズ)」の頭文字と言われており、善と悪の力を表しています。また、背後のベールに描かれたヤシの葉とザクロは男性と女性を象徴しており、その間に鎮座するということは、物事には常に相反する要素があり、そのバランスをとることが真理であると伝えています。

また、女性の足元にある三日月は、神秘的な世界や精神性を表しています。

つまり、目に見えることが全てでなく、精神性を大切にし、陰陽のバランスを保ちながら、知性を働かせ、未来を切り開いていくことが大切であるというメッセージが込められているのです。

 

 

 

キーワード

精神性、知性、秘密、未来、未婚、沈黙、粘り強さ

 

 

リーディング例

早見表

正位置 逆位置
恋愛・結婚 中身を重視
お互いを高めあえる関係
ゆっくりと愛を育む
条件ばかり気にする
素直になれない
すれ違い
仕事 熟考したうえで決断する
目的がはっきりする
条件が良い
視野が狭い
ミスマッチが起きる
時期早尚
お金 正しい方法でお金を稼ぐ
お金の使い道がうまい
お金に執着しない
度を越した節約
ケチ
お金持ちに擦り寄る
対人関係 一人の時間を持ち思考を磨く
精神世界への導きがある
信頼できる人が側にいる
相手を言い負かす
現実主義者
自分の思い通りにしようとする

 

 

正位置

ちゃんと考えて出した結果なのだから自分を信じて。

本質的なことがよくわかっています。

準備がしっかりできています。

 

 

逆位置

自分さえ良ければ良いと思っていませんか。

愚痴や批判が多くなりがちです。

あれこれと手を出してみるものの、結局どれも身につきません。

 

 

 

いかがでしたか?分かりやすく簡潔にご紹介いたしました。

次回は、3番 THE EMPRESS(女帝)のカードをご紹介いたします。

ぜひご覧くださいね!

大アルカナカード一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

占いに関する情報をできる限りわかりやすくお届けしています。 また、イラストも描いています。 まだ始めたばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

-タロット, 大アルカナカード

© 2021 ameno