タロット 大アルカナカード

THE MAGICIAN(魔術師)【タロットの意味】

タロットの絵柄の解釈とリーディングポイントを分かりやすく解説していきます。

今回は、1THE MAGICIAN(魔術師)のカードです。

それではいってみましょう!

 

 

 

ストーリー

引用:Wikipedia(File:RWS Tarot 01 Magician.jpg)

 

story

右手の杖は高く掲げ、左手は大地を指し、赤色のマントに身を包んだ男性がパフォーマンスをしています。まるで天地を繋いでいるようです。頭上に浮かぶレム二スケートは、腰に巻かれたウロボロスのベルトと共に無限の可能性を示しています。
ワンド(棒)、コイン、剣、カップは、火・地・風・水を象徴し、足元の赤い薔薇はと白い百合は、女性性と男性性を示しており、いずれも万物の創造を表現しています。何か面白そうな催しが今にも始まりそうですね。

 

ウロボロスとは自分の尾を飲み込む蛇のこと。永続性、無限性、完全性などの意味を表し、西洋では古代から多くの文化や宗教において用いられてきたデザインです。

 

レムニスケートとは連珠形とも呼ばれる無限大のマークです。タロットにおいては無限の能力や見えない力などを表しています。

 

 

 

ストーリーの解釈

1という数字を割り当てられた若い魔術師は、新たな物事がスタートしたという状態を表しています。足元を薔薇と百合でうまく装飾していますが、なんとなく何かを隠しているようにも見えますね。台本や魔術のタネを隠しているのかもしれません。しかし、堂々とした出で立ちで人前に立ち、パフォーマンスを始めた彼は、一歩前進したのです。行動することによって何かが動き始めた、そんなメッセージをカードは伝えています。

 

 

 

キーワード

創造、行動、開始、覚醒、無限の可能性

 

 

 

リーディング例

早見表

正位置 逆位置
恋愛・結婚 積極的なアピール
チャンスがきた
結婚話がすんなり進む
相手に好きな人がいる
行動に移せない
周囲の反対にあう
仕事 チャンス到来
アイデアが溢れる
転職、独立、開業の良いタイミング
能力を発揮できない
問題が大きい
やる気が出ない
お金 副業の見込みが立つ
自分の価値に気づく
お金が舞い込んでくる
収入が不安定
出費がかさむ
貯金に手が回らない
対人関係 新たな人間関係の構築
信頼できる仲間
家族や恋人との関係がうまくいっている
嘘をつく
思い通りにしようとする
ハラスメント

 

 

正位置

自分を信じて進んで良い。

能動的に動きましょう。

直感を信じて行動に移すときです。

 

 

逆位置

迷いがあるなら、計画のし直しを。

他力本願になっています。

無理して関わらない方が良いとき。

 

 

 

いかがでしたか?分かりやすく簡潔にご紹介いたしました。

次回は、2 THE HIGH PRIESTESS(女教皇)のカードをご紹介いたします。

ぜひご覧くださいね!

大アルカナカード一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

占いに関する情報をできる限りわかりやすくお届けしています。 また、イラストも描いています。 まだ始めたばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

-タロット, 大アルカナカード

© 2021 ameno