九星気学 八白土星 新着記事

2021年6月 八白土星の運勢と吉方位【九星気学】

九星気学において、2021年6月は2021年6月5日から2021年7月6日までの約1ヶ月間です。

 

八白土星を本命星に持つ人の生まれ年は

1929年(昭和4年)

1938年(昭和13年)

1947年(昭和22年)

1956年(昭和31年)

1965年(昭和40年)

1974年(昭和49年)

1983年(昭和58年)

1992年(平成4年)

2001年(平成13年)

2010年(平成22年)

ですが、その年の1月1日〜節分(2月3日頃)に生まれた方は九紫火星となります。

2021年4月 九紫火星の運勢と吉方位【九星気学】

続きを見る

なお、気は徐々に変化をしていきますので、月初と下旬は前後の月の運気が影響し合います。

 

ameno
それではいってみましょう!

 

 

2021年6月 八白土星の運勢

全体運

 

今年一番の幸運期の真っ最中です。やりたかったこと、計画していたことを実行に移すようにしましょう。

ワクワクするような楽しいアイデアも実現しやすいです。

また、守りの姿勢よりは、新しいものやトレンドを取り入れるなど、積極的な行動が運気アップのポイントです。

 

 

金運

金運はまぁまぁ良いでしょう。売上アップや昇給、臨時収入などに期待できます。

しかし、出費も増えますので、今月はお金を流動させる機運となります。

良い方にお金を流動させるよう意識することで金運がアップするでしょう。

 

 

恋愛運

恋愛運は良い。

恋人募集中の人は運命の人と出会うのチャンスがあるかもしれません。あるいは、これまで友達と思っていた人が恋人になる可能性もあります。

パートナーがいる人は、概ね仲良く過ごせる日が多いですが、どちらかの不機嫌によって一気に喧嘩になりやすいので注意してください。

また、これから結婚を考えている人は、願望成就しやすい運気ですので、縁談や結婚に向けて話を進めてみると良いでしょう。

 

 

仕事運

新たな仕事が舞い込んできたり、お客様が増えたり、これまでの成果が認められたりと、仕事運に恵まれる月となるでしょう。

失敗したらどうしようなどと考えずにどんどん行動に移してしまった方が良いです。

転職、独立、開業、起業も良いでしょう。

 

 

健康運

暴飲暴食、お菓子や清涼飲料水の摂りすぎに注意が必要です。消化器トラブルに気をつけてください。

メンタル面は好調で、穏やかに気分良く過ごせるでしょう。

 

 

 

2021年6月 八白土星の吉方位

下の方位盤は、2021年(令和3年)年の方位盤と2021年6月の方位盤です。吉と書かれた方位は吉方位で、赤字が書き込まれた方位は凶方位になります。年の方位盤と月の方位盤の両方が「吉」の方位のみ祐気取り、方位取りにおすすめできる方位です。

 

 

 

吉方位

年盤の吉方位は北、北東。

月盤の吉方位は南東、南西、北西。

北は年盤で吉方位ですが、月盤では「暗剣殺」「月破」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北東は年盤で吉方位ですが、月盤では「殺気」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南東は月盤で吉方位ですが、年盤では「五黄殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

南西は月盤で吉方位ですが、年盤では「殺気」「歳破」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

北西は月盤で吉方位ですが、年盤では「暗剣殺」という凶方位ですので、吉方位として使えません。

よって2021年6月は、200km以上の宿泊を伴う旅行(祐気取り)におすすめできる方位はありません。

なお、日帰りで200km以内であれば、月盤のみ吉方位である南東、南西、北西へ行っても、年盤の凶方位の影響を受けることはそこまでありませんので、どうしてもいく用事があるならアリ。ただし、その土地の産物や飲料水の摂取はおすすめしません。用事を済ませてさっと帰る気持ちで。

 

 

祐気取りと方位取り

年盤、月盤、日盤によって移動先の滞在時間と移動距離に対する影響力が異なりますが、わざわざ祐気取り(吉方位への旅行)や方位取り(引越し)をするのであれば、月盤・年盤ともに吉方位となる時期を選ぶと良いでしょう。

特に、たとえ1km以内であっても引越し、500km以上遠方への宿泊を伴う旅行(出張)、海外旅行は、年盤の凶方位へは絶対に行かないようにしてください。

なお、月の切り替え日(節入り)の前6日間と後3日間は気が混ざりますので、吉方位としては使わないほうが無難です。

 

 

メモ

○方位盤においては、北と南が天地逆転しています。

○方位盤においては、一般的な方角の呼び方である「南西」「北西」ではなく、「西南」「西北」という呼び方になっています。本サイトでは方位盤の表記は「西南」「西北」としていますが、方位盤以外の表記は「南西」「北西」という呼び方にしています。

○本サイトは基本的に18歳以上の運勢をみています。18歳以下は月命星をみる必要があります。

○本ページでは大三合吉方は記載していません。

○定位対冲は一白水星と九紫火星の南北のみ採用しています。他の対冲は「水と火」の対冲ほど強くはないため、さほど気にする必要はないと判断しています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

占いに関する情報をできる限りわかりやすくお届けしています。 また、イラストも描いています。 まだ始めたばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。

-九星気学, 八白土星, 新着記事

© 2021 ameno