タロット 大アルカナカード

JUDGEMENT(審判)【タロットの意味】

タロットの絵柄の解釈とリーディングポイントを分かりやすく解説していきます。

第19回は、20番 JUDGEMENT(審判)のカードです。

それではいってみましょう!

 

 

 

ストーリー

引用:Wikipedia(File:RWS Tarot 20 Judgement.jpg)

story

キリスト教の「最後の審判」をモチーフにしたカード。大きな羽尾を広げた大天使ガブリエルがラッパを吹くと、棺の中に葬られていた死者たちが蘇りました。天使のラッパによって蘇った人々は、みな平等にイエスキリストの審判を受けることとなります。ラッパには大きな十字架の旗が掲げられています。さぁ、最後の審判によって人々は復活を遂げることができるでしょうか。

 

「最後の審判」とはキリスト教における予言の一場面。世界に終わりが訪れたとき、人々はキリストを通じて最後の審判が下されるという信仰。かの有名なミケランジェロは、最後の審判をモチーフにシスティナ礼拝堂の祭壇に作品を残しました。

また、大天使ガブリエルは、キリスト教における三大天使の一人。(ガブリエル、ラファエル、ミカエル。ユダヤ教ではウリエルを入れて四大天使とされる。)ガブリエルは神の言葉を伝える天使で、最後の審判の際にラッパを吹き、その音色で死者が蘇るとされています。

 

 

 

ストーリーの解釈

審判のカードは、再生や復活などを意味しています。一度諦めてしまった願望に再チャレンジをしたり、すれ違いから別れてしまった恋人と復縁したりと、人生の大きなターニングポイントを示しています。ただ、このカードに出てくるのは天使です。天使はラッパをふき、状況に変化があることを知らせますが審判はしません。つまり、ターニングポイントをチャンスと捉え、成功に導くのは誰でもなく自分なのです。

 

 

 

キーワード

復活、復縁、諦めていた夢、才能開花

 

 

 

リーディング例

早見表

正位置 逆位置
恋愛・結婚 未練を断ち切る
音信不通だった人から連絡がある
別れの危機を乗り越える
別れを後悔する
諦めきれない思い
相手に依存する
仕事 新たなポジションにつく
やりたいことが見つかる
思いがけないきっかけを掴む
計画をストップする
職場環境に馴染めない
上司・部下と反りが合わない
お金 無駄遣いを改める
家計を見直す
自分の商品が売れる
ついつい買ってしまう
質の悪いものを買って失敗する
財布をなくす
対人関係 仲直りする
同級生に会う機会
今までの付き合いを断ち切る
裏切り行為
引きこもる
相手の言動が気になる

 

 

正位置

助けてくれる人が現れるでしょう。信頼関係を大切に。

自分の心が変わることで、周りの状況も自然と変化します。

新しい習慣を取り入れてみると良いでしょう。

 

 

逆位置

思うようにいかず、投げやりになってしまっています。

たとえ不本意であったとしても、時には集団の総意として受け入れる必要があります。

思い切って方向転換するという判断も良いかもしれません。

 

 

 

いかがでしたか?分かりやすく簡潔にご紹介いたしました。

次回は、21番 THE  WORLD(世界)のカードをご紹介いたします。

ぜひご覧くださいね!

大アルカナカード一覧

LINE公式アカウント

当サイトの更新情報や占いに関する情報をお届けしています。直接メッセージも送れますのでLINEからの鑑定依頼も大歓迎です。ぜひ友だち追加してくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あめの

九星気学をベースに占いをしています。 将来、恋愛、仕事、家族など悩み事があれば遠慮なくお問い合わせください。 あなたの幸せの道標となれたらと思っています。

-タロット, 大アルカナカード

© 2021 ameno